ニキビで洗顔しすぎはNG!正しい洗顔方法の理解が重要

ニキビができると、ついつい1日に何度も顔を洗ってしまうという人もいるでしょう。しかし、実はニキビができたときに洗顔をしすぎると逆効果になることもあります。ニキビケアだと思って洗顔をしていたのに、かえってニキビが増えてしまうなんてことにならないように正しい洗顔方法を知っておきましょう。

 

ニキビを防いで治す正しい洗顔方法

 

ニキビがあるときに洗顔をしすぎるとよくないというのは冒頭のとおりですが、洗顔自体はニキビケアにも必要なことです。間違った洗顔方法を避け、正しい洗顔でニキビケアをしましょう。

 

間違った洗顔方法

まず間違った洗顔方法から説明します。ニキビを気にして丁寧に洗顔をしているのに、ニキビが一向に良くなる気配がない、それどころか悪くなっている気がするという人は、自分がこんな洗顔をしていないかチェックしてみましょう。

 

洗顔をしすぎる

ニキビの原因が古い角質や皮脂だということは、なんとなく知っている人も多いでしょう。ニキビができているときに顔がテカってきたり、ニキビが多かったりという人は洗顔の回数が足りていないのだと思い、1日に何度も洗顔をしているかもしれません。

 

しかし、顔を洗いすぎると肌に必要な皮脂も一緒に洗い落としてしまいます。皮脂は確かにニキビの原因の一つなのですが、ある程度は肌にとって必要なもので、この皮脂があることで肌の乾燥を防いでいます。

 

それにも関わらず、1日に何度も洗顔をして必要な皮脂まで落としてしまうと、肌が乾燥し、乾燥した肌を保護するために体はもっと皮脂を出します。ですから、顔を洗いすぎると逆に顔の皮脂量が増えてしまいます。

 

その上、肌も乾燥している状況なので、毛穴も詰まりやすくなっています。このような状態で皮脂が増えるということは、さらに皮脂が毛穴に詰まりやすくなりますよね。そのため、顔を何度も洗いすぎることで、むしろニキビが増えてしまう原因にもなりかねません。

 

ゴシゴシ強くこする

汚れを落とそうとゴシゴシと強くこするような洗顔方法も、同じく必要な皮脂を落とすだけでなく、肌も傷つけてしまいます。ゴシゴシと肌を摩擦することで乾燥肌をより悪化させてしまい、また黒ずみの原因にもなってしまうため、ニキビ以外の面でも肌によくありません。

 

手やタオルでゴシゴシと強くこする以外にも、強めのシャワーを顔に直に当てて洗い流すことでも同様に肌を痛めてしまいます。洗顔後の水気を拭き取るときに、ゴシゴシやってしまうのももちろん厳禁です。

 

こうした肌に刺激のある行為は、ニキビが炎症を起こしているようなときにはニキビ部分も痛めてしまい、さらに炎症がひどくなったり血が出たりすることもあるため、くれぐれも気をつけましょう。

 

刺激の強い洗顔料

前述したような洗顔のしすぎや、ゴシゴシこすって肌に負担をかけることがダメだということを知っている人は多いかもしれません。しかし、間違った洗顔方法だけでなく洗顔料にも気をつけてください。

 

たとえば、スクラブなどが入った洗顔料や使うと顔がスースーする爽快感のあるタイプの洗顔料は肌に刺激があり、特にニキビがあるときには痛みが生じることもあるのでおすすめできません。

 

また、界面活性剤が入っているものも肌には刺激が強すぎます。肌への刺激は肌へのダメージです。洗顔は汚れを落とせればいいので、強すぎる洗浄力は必要ありません。

 

正しい洗顔方法

では、正しい洗顔方法とは一体どんなものでしょうか。間違った洗顔方法の内容を踏まえながら説明していきます。

 

洗顔は1日2回まで

洗顔のしすぎが、ニキビに悪影響があるというのは前述のとおりです。では、最適な洗顔回数はどのくらいかというと、朝起きた時と夜寝る前の2回です。夏など汗をかいて気持ちが悪く、日中顔を洗いたくなった場合は、水で軽く洗いタオルで拭く程度にしておくのがおすすめです。

 

洗顔前の準備をする

顔を洗う前に、その顔を洗うための手指を綺麗にしておきましょう。これによって手の汚れが落ち、清潔な手で顔を洗うことができるため洗顔料がよく泡立ちます。そして、ぬるま湯でさっと顔も流しておきましょう。顔についたほこりなどがとれ、汚れが落ちやすくなります。

 

洗顔は優しく行う

洗顔はゴシゴシこするのではなく、撫でるように優しく行いましょう。洗顔料をすべらせるようにして、肌に刺激を与えないのが鉄則です。

 

顔を洗うときには、泡立つタイプの洗顔料を使う人が多いでしょう。そういった洗顔料を使う場合、泡だてネットなどでしっかり泡をたてましょう。この大量の泡が、手と肌の間でクッションになります。

 

泡だてた洗顔料を顔につけ、泡を動かすようにして洗います。毛穴の黒ずみが気になる部分は、指を使ってくるくると優しく洗いましょう。コツは泡をのばすのではなく、毛穴に押し込むようにつけていくことです。そうすることで毛穴の汚れが落ちてくれます。

 

目の周りや口の周りは、皮膚が柔らかいので、特に優しく洗うようにしましょう。泡をのせるだけでも十分です。

 

洗顔料はしっかり落とすこと

顔を洗った後、2、3回すすぐだけで放置しているなんて人はいないでしょうか。洗顔料が顔に残ってしまうと、それがニキビの原因になってしまうことがあります。洗顔後は、しっかりと洗顔料を落とすようにしてください。

 

ニキビケアには専用の洗顔料を

顔を洗う時に使う洗顔料は市販の低刺激性洗顔料で十分ですが、特にニキビケアに特化したいということなら、ファーストクラッシュなどのニキビケア専門の洗顔料を使うのもおすすめです。こうした洗顔料はそれぞれ使い方が異なるので、正しい使い方を読み、その通りに使用するようにしてください。

 

洗顔後のケアもしっかりと

健康的な肌を保つためには、洗顔後のケアも重要です。洗った顔を拭くときには、清潔なタオルで優しくおさえるように拭いてください。その後はすぐに保湿ケアをしましょう。乾燥は、ニキビをはじめとしたあらゆる肌トラブルの元になります。せっかく正しい洗顔をしても、保湿を怠ってしまうと意味がないのでしっかり保湿をしておきましょう。

 

 

ニキビを気にして洗顔回数が多くなっていたり、汚れを落とそうと強めに洗ってしまったりというのは誰もが陥りやすい落とし穴です。そんな間違った洗顔方法からは卒業して、ここで紹介した正しい洗顔方法で、ニキビ知らずの健康的な肌を手に入れましょう。