パラベンの効果や副作用とおすすめ洗顔、化粧品

パラベンは、本当に多くの洗顔料や化粧品に含まれている成分ですから、知っているという人も多いでしょう。しかし、その効果や副作用については、よく知らないという人もいると思います。

 

また、なんとなくパラベンが良くないと思っていて、パラベンが入っているコスメを避けているという人もいるかもしれません。パラベンには一体、どのような効果や副作用があるのでしょうか。

 

パラベンの効果や副作用まとめ

 

パラベンは、ファーストクラッシュには含まれていない成分ですが、前述のとおり多くのコスメ商品に含まれている成分です。それにも関わらず、その作用についてはあまり知られていません。

 

普段、パラベンがあるかどうかを気にしていない人も、なんとなく避けている人も、パラベンがどういう成分なのかを知っておくと安全なコスメ選びに役立ちます。

 

効果や効能

パラベンの主な効果は、微生物の繁殖を防止するという効果です。洗顔料や化粧品は、長期間にわたって同じものを使いますし、洗顔料に至っては水の周りで使うことが多いので、微生物が繁殖しやすい環境だと言えます。

 

微生物が繁殖しなければ、化粧品は腐りにくくなります。また、パラベンは皮膚刺激が比較的少なく、肌への危険性が低いため、多くのコスメ商品にパラベンが含まれています。この防腐剤的な効果は優秀で、食品の防腐剤として使われることもあるくらいです。

 

パラベンには5種類あり、それぞれメチルパラベン、ブチルパラベン、エチルパラベン、ベンジルパラベン、プロピルパラベンと言います。

 

この中で目にすることが一番多いのがメチルパラベンで、パラベンの中でも最も高い防腐効果を持っています。また、メチルパラベンはパラベンの中でも刺激が少ないので、化粧品に配合しやすいです。

 

副作用について

パラベンには高い防腐効果があるというのは前述のとおりです。しかし、中にはパラベンが悪いものだと聞いて、なんとなくパラベンが含まれている化粧品を避けているという人もいると思います。微生物が繁殖しないということは良いことのように感じますが、なぜパラベンが避けられることがあるのでしょうか。

 

それは、パラベンが皮膚炎やアレルギーを引き起こすことがあるからです。薬事法でも、パラベンはアレルギーなど皮膚障害を起こす恐れのある物質として扱われています。

 

とはいえ、化粧品などに含まれているパラベンの量は微量ですから、これを使ったことですぐに皮膚に炎症を起こしたり、アレルギーになったりということは稀です。しかし長期的に使う場合、特にひどい敏感肌だという人は心配でしょう。

 

前項で、刺激が少ないと紹介したメチルパラベンですが、紫外線が当たると皮膚の老化を招くという弱点もあります。これは紫外線が当たることで、メチルパラベンが塗布された部分の皮膚細胞の死亡率・脂質過酸化物量が通常の3倍になるからです。

 

また、皮膚への刺激がないとは言え、パラベンは元々人間の体に存在している成分ではありません。そのため、それなりに肌への刺激がある上に経皮吸収しやすいため、ニキビができているような荒れた肌に使うと、肌トラブルを引き起こしてしまう場合があります。

 

特に敏感肌の人やニキビができている人は、ファーストクラッシュのようにパラベンが入っていない化粧品を選ぶことをおすすめします。

 

おすすめの洗顔や化粧品

副作用の部分を読むとパラベンが怖くなってしまうかもしれませんが、その防腐効果は見逃せません。普通の肌の人にとっては、悪さをすることはほとんどありません。他の効果が魅力的なら、パラベンが含まれている化粧品を選んでも問題ないでしょう。ここでは、パラベンが含まれていても、安心して使える洗顔や化粧品を紹介します。

 

キュレル「皮脂トラブルケア泡洗顔料」

ドラッグストアなどでよく見かける、キュレルのニキビケア向き洗顔料「皮脂トラブルケア泡洗顔料」はパラベンが含まれていますが、アルコールフリーで肌と同じ弱酸性でもあり、敏感肌の人向けの洗顔料です。

 

毛穴汚れや余分な皮脂をしっかり落としてくれるので、毛穴詰まりを起こしづらくなるでしょう。炎症を抑える消炎剤も入っているので、ニキビ対策におすすめです。

 

オルビス「薬用クリアウォッシュ」

オルビスの「薬用クリアウォッシュ」は、オルビスから出ている薬用ニキビ対策商品です。紫根エキス、甘草エキスという成分がニキビや肌荒れを防ぐ優秀な化粧水で、しっとりタイプとさっぱりタイプがあり、それぞれの肌質に合わせて選ぶことができます。

 

どちらのタイプもメチルパラベンが含まれていますが、無着色・無香料で肌に優しく、保湿成分も十分に含まれているおすすめの化粧水です。

 

ノブ「ACアクティブ フェイスローションモイスト」

ノブの「ACアクティブ フェイスローションモイスト」も、ニキビケア化粧品としておすすめの化粧水です。モイストというだけあって、しっかり保湿もしてくれるので、乾燥肌でニキビができてしまうという人も安心して使えるでしょう。

 

メチルパラベンのほかにアルコールも含まれているので、敏感肌の人にはあまり向いていませんが、そのほかの肌質の人は使っても問題ありません。

 

パラベンはかなり多くの商品に含まれている成分のため、その他のニキビケア用コスメでもパラベンが含まれているものがたくさんあります。最近のパラベンはかなり刺激が少ないように配合されているので、パラベンが含まれているかどうかよりも、ニキビケアという点に重点をおいてコスメ選びをするといいです。

 

まとめ

パラベンは以前、肌に危険な成分だと考えられていたため、悪い印象を持っている人も多いでしょう。確かに刺激が全くないというわけではないので、ひどい敏感肌の人やパラベンに対してアレルギー反応のある人にはおすすめしません。ですが、これはどんな成分にも言えることですよね。

 

パラベンの優れた防腐効果は、むしろ頼もしい成分でもありますから、ごく普通の肌の人ならそこまで神経質になる必要はないでしょう。それでも気になるという人は、ファーストクラッシュのように1本を短期間で消費するもので、パラベンの入っていないものを選ぶと安心です。