中学生や高校生がニキビ予防の洗顔料を選ぶ際のポイント

 

中学生や高校生でニキビが減らずに悩んでいるという人は、ニキビケアのためにさまざまな洗顔料を試しているでしょう。それにも関わらず、全くニキビが予防できない人もいるかもしれません。

 

そういう人は間違った洗顔料選びをしていることがあります。ここでは、中学生や高校生の人が、どのようなニキビ予防の洗顔料を選べばいいかを説明します。

 

思春期ニキビ対策で洗顔料を選ぶ際のポイント

 

中学生や高校生という年代でできるニキビは、思春期ニキビというものです。この思春期ニキビの対策には、洗顔料選びにも気をつけなければなりません。間違った洗顔料選びをしてしまうと、肌を刺激してしまい、かえってニキビが悪化してしまう場合があります。

 

また、中地半端に値段がするものを買ってみて、肌にまったく合わなかったということになると、学生さんにとっては出費がつらいですよね。かといって、安い洗顔料を使うと肌に良くない成分が入っていることもあるでしょう。

 

ニキビ対策のための洗顔料を安心して選ぶには、こんなことに注意してみましょう。

 

スクラブ入りの洗顔料に注意

洗顔料の中には、スクラブというものが入った洗顔料があります。スクラブはザラザラとした手触りがあり、このスクラブ入りの洗顔料で洗顔すると、通常の洗顔料に比べるとよりさっぱりとした洗い上がりになります。

 

そのため、余分な皮脂を落としてくれる効果を狙って、ニキビ対策としてスクラブ入りの洗顔料を選ぶ人もいるでしょう。

 

確かに、スクラブ入りの洗顔料は余分な皮脂や角質を落としてくれます。また、汚れがしっかりと落ちるため、その後の化粧水や乳液の浸透度もよくなり、化粧水・乳液による保湿効果もさらに期待できるというメリットがあります。

 

ニキビ対策には、皮脂や角質の除去と保湿はとても重要ですから、スクラブ入り洗顔料はニキビケアに最適に思えるかもしれません。

 

しかし、スクラブ入り洗顔料にはデメリットもあります。その最大のデメリットとは、スクラブは肌への刺激が強すぎるということです。使用した際のザラザラとした手触りからも、刺激の強さは感じ取れるでしょう。

 

この刺激によって肌を傷つけやすいため、さまざまな肌トラブルを招いてしまう場合があります。

 

また、洗浄力が強力すぎて、使いすぎると肌に必要な皮脂や角質まで落としてしまうこともあります。皮脂や角質には、肌の自己防衛をするバリア機能があるので、そのバリア機能に必要な皮脂や角質まで落としてしまうと、バリア機能が低下します。そうなると、ニキビだけではなく乾燥肌や肌の黒ずみまで招いてしまうかもしれません。

 

さらに、スクラブ入り洗顔料の粒子は、しっかりと落とさないと毛穴に残りやすいという面もあります。この粒子が毛穴に残ってしまうと、毛穴詰まりを起こし、ニキビの原因となってしまいます。

 

スクラブ入り洗顔料が100%ニキビに悪いというわけではありませんが、使う頻度や使い方に十分気をつけなければ、逆にニキビが増えたり、他の肌トラブルに悩まされてしまったりということもあります。

 

そのため、特にニキビができやすい人には、もっと肌に優しい洗顔料を使ったほうがいいでしょう。

 

保湿してくれる洗顔料がおすすめ

ニキビの原因が皮脂の過剰な分泌だという事実があるため、ニキビができやすい人の中には保湿対策は必要ないと思っている人もいるでしょう。特に思春期ニキビができてしまうときは、肌が脂性肌になったように感じて、それ以上オイリーな肌にならないように保湿を控えめにしてしまいがちです。

 

しかし、ニキビ対策には保湿は必須です。なぜなら、肌が乾燥するとニキビはできやすくなるからです。

 

肌が乾燥すると、肌は自分を守ろうとして皮脂を分泌します。これは、適度な量の皮脂には肌を守る機能があるためです。しかし、乾燥肌が続くと肌は皮脂を分泌し続けるため、過剰な分泌となってしまいます。

 

さらに、肌が乾燥している状態だと、毛穴も硬くなり伸縮が悪くなるので毛穴詰まりを起こしやすくなります。この2つの要素が混じり合って、乾燥肌というのはニキビができやすいということです。

 

ですから、ニキビケアをするときには、例え脂性肌の人でも必ず保湿対策をしましょう。もちろん、洗顔後の保湿ケアでも保湿対策ができるのですが、洗顔料自体にも保湿成分が入っているものをおすすめします。

 

ファーストクラッシュのような保湿成分が入ったニキビケア用の洗顔料だと、ニキビ対策に適した保湿成分が入っているため、肌トラブルに悩まされる心配も少なく、どんな肌質の人でも安心して使えるでしょう。

 

無添加、無着色の洗顔料がおすすめ

ニキビができやすい肌に、刺激がある成分を含んだ洗顔料を使うと炎症を起こしたり、すでにできているニキビを悪化させてりなどの原因になるためおすすめできません。

 

前述のスクラブ入りの洗顔料も刺激のある成分の一つですが、そのほかにも添加物や着色料が含まれた洗顔料にも注意しましょう。元々敏感肌の人やニキビのために肌が弱っている人には、添加物や着色料は刺激が強すぎて、肌荒れの原因になってしまう場合があります。

 

また、例え健康的な肌質だったとしても、ホルモンバランスの影響などで一時的に肌が弱くなっているときもあるでしょう。そうした場合にも、刺激物の入った洗顔料はニキビをはじめとした肌トラブルを起こしてしまうことがあります。

 

無添加・無着色の優しい成分でできた洗顔料なら、どんなときでも安心して使えます。そのため、ニキビ対策として洗顔料を選ぶときには、成分表示をしっかりチェックして無添加・無着色のものを選ぶようにしましょう。

 

返金保証がある洗顔料がおすすめ

ここまで、洗顔料の成分について説明しましたが、学生さんにとっては洗顔料の金額も気になるところですね。

 

肌に優しい成分だけでできたニキビ対策用の洗顔料というものは、決して安いとは言えない値段です。自分の肌に合っているかどうかもわからないのに、それだけの金額をかけることに不安を感じる人もいるでしょう。

 

そこで、ニキビ対策用の洗顔料を選ぶときには、もしも肌に合わなかったときや効果がなかった場合を考えて、返金保証がある洗顔料を選ぶことをおすすめします。

 

返金保証が適応される期間は、洗顔料によって違います。ファーストクラッシュの返金保証が受けられる期間は商品が届いてから60日間と長いため、一定期間使ったあとに効果がないとわかった時点で返品をすることができます。

 

洗顔料などは一定期間使ってみなければ、その効果はわかりません。ですから、ニキビ対策用の洗顔料を選ぶ場合には、ファーストクラッシュのように返金保証があって、その期間が長いものをおすすめします。

 

 

中学生や高校生の人が悩まされる思春期ニキビには、洗顔料の選び方も重要です。スクラブ入りのもののように刺激や洗浄力が強すぎるものや、価格面を気にして刺激の強い添加物や着色料が入ったものを選び、かえってニキビが悪化したなんてことが起こらないように、洗顔料は慎重に選ぶようにしてください。