ファーストクラッシュは白、黒、赤、黄色ニキビに効果ある?

ファーストクラッシュはニキビを防ぐ効果が期待できる洗顔料ですが、一口にニキビと言っても、「白ニキビ」、「黒ニキビ」、「赤ニキビ」、「黄色ニキビ」という種類があります。

 

ファーストクラッシュは、はたしてどんなニキビに対して効果が発揮されるのでしょうか。

 

ニキビの種類とファーストクラッシュの効果

 

「白ニキビ」、「黒ニキビ」、「赤ニキビ」、「黄色ニキビ」とは、どのような症状のことを指し、何が原因で起こるのでしょうか?そして、ファーストクラッシュはこれらのニキビにどういった効果を発揮するのでしょうか?詳しく見てみましょう。

 

白ニキビ

ニキビの中では「初期段階」と言える白ニキビ。この段階で進行を食い止めることができれば、跡を残さずきれいに治すことができます。

 

症状

白ニキビは、「閉鎖面皰(へいさめんぽう)」とも呼ばれるもので、肌の表面にぽつんとした白い点や、ふくらみがある状態です。後で説明する「赤ニキビ」の周りに「隠れニキビ」として出ていることもあります。他のニキビに比べ目立ちにくいですが、きちんとケアをしないと悪化させてしまう恐れがあります。

 

原因

毛穴が何らかの原因によってふさがれ、出口を失った皮脂が毛穴の中に詰まってしまうことにより起こります。毛穴が詰まる原因はたくさんありますが、主に次のようなものが挙げられます。

 

  • 毛穴の中に角栓ができている
  • ホルモンバランスや生活習慣の乱れで皮脂の分泌量が過剰になっている
  • 洗顔で落とし切れていない化粧品が毛穴をふさいでいる
  • 洗顔料のすすぎが不十分で、汚れが肌に残っている
  • 肌が乾燥し、角質層に乱れが生じている

 

また、毛穴の詰まりを取り除こうと刺激の強い洗顔料を使ったり、洗顔し過ぎたりすると、肌が乾燥し、それを補うために皮脂がいつもより多く分泌されます。すると毛穴が詰まり、白ニキビができやすい環境になります。ニキビを予防しようとした行動が結果としてニキビを増やす原因となっては元も子もありません。

 

黒ニキビ

Tゾーン、特に小鼻の周りにできやすい黒ニキビ。痛みやかゆみはないものの、毛穴が点々と黒くなって見えることから、とても気になるニキビの一つです。

 

症状

黒ニキビは、毛穴に詰まった古い皮脂や角質が空気に触れることで酸化して黒く見えている状態のことで、「開放面皰(かいほうめんぽう)」とも呼ばれます。

 

小鼻の毛穴に角栓が詰まり、ぶつぶつと黒く見えるいわゆる「いちご鼻」も、実は立派な黒ニキビ。この段階では炎症は起きていませんが、毛穴の中でアクネ菌が増えてしまうと悪化して赤ニキビになることもあるので注意しましょう。

 

原因

白ニキビと同じように、皮脂の分泌過剰や乾燥などによる毛穴詰まりが原因となります。
白ニキビと黒ニキビの差は、毛穴の中に溜まってしまった皮脂や角質が、空気に触れているかどうかということ。

 

白ニキビは、毛穴の出入り口がふさがれているため、中の皮脂などが空気に触れることはありませんが、黒ニキビは毛穴の出入り口が開いているため、毛穴の中で固まった古い皮脂などが空気に触れ、酸化して黒くなります。

 

小鼻など黒ニキビができやすい場所以外にも、白ニキビの毛穴の出入り口が開き、中に溜まった皮脂が空気に触れることによって、白ニキビが黒ニキビに「進化」することもあります。

 

赤ニキビ

白ニキビや黒ニキビと決定的に違うのは、皮膚の下で炎症が起きているということです。赤ニキビは適切に処置しないと、ニキビ跡が残る原因になるので注意が必要です。

 

症状

赤ニキビは毛穴が炎症を起こしている状態で、「紅色丘疹(べにいろきゅうしん)」とも呼ばれます。痛みを伴うこともあり、気になってついつい触ってしまいがちですが、刺激によってさらに悪化する恐れがあります。

 

原因

赤ニキビの原因は、毛穴に詰まった皮脂を好むアクネ菌が大増殖することです。増殖したアクネ菌を退治しようと、白血球などが集まって攻撃を開始するために炎症が起こります。
アクネ菌を徹底的に殺菌してしまえば解決するように思えますが、そう簡単にはいきません。

 

なぜならアクネ菌は、普段は私たちの肌を守ってくれる常在菌の一種だからです。肌を弱酸性に保ちウイルスなどから守るバリアの役割をしているため、アクネ菌がいなくなればすべて解決とはいきません。

 

黄色ニキビ

ニキビの中で一番つぶしたくなる見た目をしているのが、この黄色ニキビではないでしょうか。でも、黄色ニキビは赤ニキビ以上に跡が残りやすいもの。絶対につぶしてはいけません。

 

症状

ニキビが化膿して、膿の色で表面が黄色く見える状態で、「膿疱」や「化膿ニキビ」とも呼ばれます。小さめの黄色ニキビでは、膿の溜まった様子が白ニキビのように見えることもあります。

 

しかし、毛穴の中に皮脂が詰まっているだけの白ニキビとは違い、黄色ニキビの炎症は真皮層まで達していて、重症の状態。痛みを伴うことも多く、しっかりとしたケアが必要です。

 

原因

アクネ菌による炎症が外からの刺激などを受け悪化すると、菌を攻撃しようとどんどん白血球が集まって来ます。その白血球の残骸などは次第に毛穴に収まりきらなくなり、毛穴の壁を突き破ってあふれ出ます。そうなるとアクネ菌よりさらにたちの悪い黄色ブドウ球菌なども入りこみやすくなり状態は悪化、膿が生じて黄色ニキビになります。

 

ファーストクラッシュの効果は?

ここまで、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビについてまとめました。ファーストクラッシュがこれらすべてのニキビに効くのか気になるところですが、その前にもう一つ、原因が異なる思春期ニキビと大人ニキビの違いについて知っておく必要があります。

 

思春期ニキビと大人ニキビ

成長ホルモンの影響により皮脂が多く分泌され、毛穴が詰まって生じるのが思春期ニキビです。つまり、毛穴詰まりを防ぐ洗顔・保湿が重要になってきます。

 

一方、大人ニキビは、ストレスや睡眠不足、暴飲暴食、喫煙、ターンオーバーの乱れなど、人によって原因は様々です。生活習慣を見直す必要があるものが多く、表面的なケアだけで効果を得ることは難しいといえます。

 

ファーストクラッシュは角質柔軟成分であるサルチル酸の働きで、余分な皮脂や古い角質を取り除くことにより、毛穴詰まりのない清浄な状態に肌を導きます。そのため、皮脂の分泌過剰によっておこる思春期ニキビに効果が期待できます。皮脂の分泌過剰以外が根本原因の大人ニキビには効果がない場合もあります。

 

思春期ニキビならすべてに効く?

ニキビにはいろいろな種類がありますが、自宅でできる適切なニキビケアの方法はただ一つ、「優しく洗い、しっかりと保湿すること」です。

 

これを守らず、ガッツリ皮脂を洗い流そうとして刺激の強い洗顔料を使うと、逆に皮脂の分泌が増えてニキビが悪化する原因になります。また、赤ニキビや黄色ニキビの菌をやっつけようと強い殺菌剤をむやみに使うと、肌本来の力を失うことになりかねません。

 

ファーストクラッシュは白ニキビや黒ニキビの進行を抑えますが、ニキビ治療薬ではないため、悪化した赤ニキビや黄色ニキビをすべてきれいに治すことは難しいです。

 

ただし、黄色ニキビが出ている状態でも、ファーストクラッシュで毛穴詰まりを改善して保湿成分でしっかりと潤わせる地道な作業を続けることで、新たなニキビを防ぎ、次第に肌状態を良い方向へ向かわせることができます。

 

 

ニキビ予防で大切なのは、きちんとした洗顔と保湿をすること。そして、できてしまった場合は、それ以上進行させないこと。それでも悪化してしまった場合は、早めに皮膚科を受診して適切な治療を受けることが重要です。思春期ニキビは、優しく洗えて保湿効果のあるファーストクラッシュでしっかりとケアしましょう。