オイリー肌(脂性肌)でもニキビ対策で保湿が必要な理由

ニキビは毛穴に皮脂が詰まってできるのだから、オイリー肌、つまり脂性肌はとにかく皮脂を洗い流すことが大切だと思っていませんか?でも、オイリー肌のニキビケアには、保湿成分が配合されたスキンケア商品を使って、潤いを与えていくことが必要です。その理由を探っていきましょう。

 

4つに分けられる肌の種類

 

オイリー肌(脂性肌)のニキビケアになぜ保湿が大事なのかを理解するためには、まず、肌の種類とその特徴を知る必要があります。

 

肌は「普通肌」、「乾燥肌」、「オイリー肌(脂性肌)」、「混合肌」と、大きく4つの種類に分けられます。自分はオイリー肌だと思っていたけれど、実は違ったということもよくある話です。肌の種類に合ったスキンケアをしないと、状態を悪化させてしまうこともあるので注意しましょう。

 

普通肌の特徴

肌の表面がきめ細かくなめらかで、皮脂量・水分量がちょうど良い状態です。例えるなら「赤ちゃんのような肌」といえるでしょう。バランスが良いので肌トラブルが起こりにくく理想的です。

 

乾燥肌の特徴

乾燥肌は主に「皮脂量の低下」、「天然保湿因子(NMF)量の低下」、「角質細胞間脂質の減少」によって起こります。

 

皮脂の量が少なくなると、肌の表面のバリア機能が低下して、外からの刺激が直接角質に届いてしまい、角質がダメージを受ける原因になります。

 

また、アミノ酸類や乳酸、クエン酸塩、尿素などからできている天然保湿因子は、角質内に水分を蓄える働きをしているので、減ると角質内の水分量が少なくなってしまいます。

 

そして、角質と角質をつなぐ役割がある角質細胞間脂質の量が減ると、角質内のバランスが崩れ、肌のバリア機能が低下します。

 

このような原因でバリア機能が弱くなって水分が蒸発した肌は、カサカサして、もろい状態になります。これが乾燥肌です。

 

乾燥肌はカサカサした状態が続く場合もありますが、肌がバリア機能を取り戻そうとして皮脂量を増やすと、表面はオイリー肌(脂性肌)のようにベタベタするオイリードライ肌とも呼ばれる脂性乾燥肌や、Tゾーンだけべたつく混合肌と呼ばれる状態になることもあります。

 

このような場合、表面はオイリー肌のようであっても、角質内は乾燥した状態になっています。

 

オイリー肌(脂性肌)の特徴

オイリー肌(脂性肌)はその名のとおり、皮脂の分泌が多く肌表面がベタついた状態です。皮脂が毛穴に詰まり、そこに細菌が繁殖して起こるニキビが、最もできやすいです。

 

また、大きく2つのタイプがあり、同じように見えても原因や肌の状態は違います。1つ目は皮脂の量・角質内の水分量がどちらも多いオイリー肌(脂性肌)タイプ、そして2つ目は、皮脂の量は多いけれど角質内の水分量は少ないオイリードライ肌(脂性乾燥肌)タイプです。

 

オイリー肌(脂性肌)

オイリー肌の主な要因は、食生活とホルモンバランスです。

 

食生活において、バターやラードなど飽和脂肪酸を含むものを多く摂り過ぎると、オイリー肌になりやすくなると言われています。この場合は、食生活を見直すことで肌質が良くなることがあります。

 

また、思春期に乱れやすいホルモンバランスは、大人でも睡眠不足やストレスによって崩れやすいです。皮脂の分泌は、アンドロゲンやテストステロンなどの男性ホルモンがコントロールしていますが、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが必要以上に多くなると、皮脂の分泌が過剰になってオイリー肌になります。

 

オイリードライ肌(脂性乾燥肌)

オイリードライ肌の主な原因は、乾燥肌でも紹介したように、角質内の水分やセラミドなどのバランスが崩れることによる肌のバリア機能の低下です。このバリア機能を補うために皮脂が多く分泌されると、表面はオイリー肌のようになってしまいます。

 

混合肌の特徴

混合肌とは、これまで紹介した「普通肌」、「乾燥肌」、「オイリー肌(脂性肌)」が組み合わさっているタイプの肌です。

 

例えば、Tゾーンはテカリやべたつきが気になるのに、Uゾーンは乾燥がひどく粉をふいているというのは、オイリー肌と乾燥肌の混合肌です。

 

混合肌には「オイリー肌×乾燥肌」の他にも、「普通肌×オイリー肌」、「普通肌×乾燥肌」という組み合わせがあり、人によってどこがどの肌質になるかは違います。

 

何かとケアの難しい混合肌になる原因は、紫外線やメイクなどの刺激、ストレスやホルモンバランスの乱れなどいくつか考えられますが、スキンケアのやり方を間違えると悪化させてしまうこともあります。

 

例えば、「オイリー肌×乾燥肌」の人が全体的にオイリー肌向けのケアをしていたら、乾燥肌がより進んでしまったなどということも起こりがちです。混合肌には、その部分の肌質に合わせたケアを心がけましょう。

 

オイリー肌(脂性肌)で保湿が必要な理由

 

オイリー肌(脂性肌)だと、ベタつきやテカリが気になって、ついつい刺激の強い洗顔料を使ったり、熱すぎるお湯で洗ったりしてしまいがちです。

 

洗い上がった直後はさっぱりとして気持ちがいいですが、そのケア方法はオイリー肌をよりベトベト、テカテカにしてしまうかもしれません。

 

そのベタつきやテカリを押さえるために必要なのが保湿です。

 

保湿はオイリー肌(脂性肌)を落ち着かせる

オイリー肌(脂性肌)の皮脂はニキビなどの原因になる一方で、角質内の水分の蒸発を抑え、肌の潤いを保つ役割もしています。

 

ニキビを防ぐためには丁寧な洗顔が大切なプロセスですが、オイリー肌であっても皮脂を必要以上に取り除いてしまうと、肌は自分を守るためにより多くの皮脂を分泌し、さらにオイリー肌を悪循環させます。

 

そのため洗顔も洗顔後も、しっかりと保湿することを忘れてはいけません。潤いを与えると、肌を守るための新たな皮脂をつくり出す必要が少なくなるので、過剰な皮脂の分泌を抑える効果が期待できます。

 

オイリードライ肌(脂性乾燥肌)の悪化を防ぐ

洗顔後つっぱり感があるのに、しばらく経つとベタつくオイリードライ肌(脂性乾燥肌)の人は、オイリー肌よりもしっかりと保湿する必要があります。

 

なぜなら、肌をベタつかせているその皮脂は、角質内の足りない水分を補うための仮のバリアとしてつくりだされているものだからです。

 

オイリードライ肌は皮脂を適度に残す洗顔と、しっかりと水分を浸透させる保湿を心がけることで、皮脂の過剰な分泌を減らしていくことができます。また、化粧水の後に乳液などを使って角質に補った水分の蒸発を避けることも効果的です。

 

まとめ

「自分がオイリー肌なのか、オイリードライ肌なのかわからない」
「保湿が必要と言われても、どんなケアをすれば良いのかわからない」
「ついつい面倒で保湿を忘れてしまう」

 

そんな場合には、ファーストクラッシュのように保湿成分がしっかり配合されている洗顔料を使うのも良いでしょう。

 

食事・睡眠など生活のバランスを取りながら、自分の肌質に合った正しいスキンケアを心がけてみてください。