グリチルリチン酸ジカリウムの効果や副作用とおすすめ洗顔

ファーストクラッシュには含まれていませんが、洗顔料や化粧水などのスキンケア用品やシャンプー、育毛剤など多くの製品で目にする成分「グリチルリチン酸ジカリウム」。

 

化粧品だけでなく医薬品にも使われるこの成分には、どういった効果や副作用があるのでしょうか。また、この成分が配合されているスキンケア商品にはどのようなものがあるのか、紹介していきます。

 

グリチルリチン酸ジカリウム配合の効果や副作用まとめ

 

グリチルリチン酸ジカリウムの元となっている「グリチルリチン酸」は、漢方薬として知られるマメ科の植物「甘草」の根に含まれる成分で、これを水に溶けやすいようにカリウムと結合させたものがグリチルリチン酸ジカリウムです。

 

製品によっては、「グリチルリチン酸ニカリウム」や「グリチルリチン酸2K」と記されることもありますが、すべて同じ物質を表しています。

 

効果や効能

 

漢方薬にも含まれる成分というと、なんだかとても効果がありそうに思えるグリチルリチン酸ジカリウム。元であるグリチルリチン酸は、人の身体の中にある副腎でつくられるホルモンの一種「副腎皮質ホルモン」と同じような構造を持った物質です。

 

「副腎皮質ホルモン」という名前は聞いたことがないという人も、別名である「ステロイドホルモン」と言えば耳にしたことがあるかもしれませんね。ちなみに、一般的にステロイド剤と言われる医薬品は、この副腎皮質ホルモンを人工的につくり出したものです。

 

ステロイドには炎症や痛み、免疫の働きを抑える働きがあります。そして、これに似た構造を持つグリチルリチン酸も、同じような効能を発揮します。実際にグリチルリチン酸やそれを含む甘草は、感冒薬や胃腸薬、口内炎や喉の薬、痔の薬など多くのものに、抗炎症・抗アレルギーの目的で広く使われています。

 

ニキビの炎症を抑える

 

グリチルリチン酸ジカリウムはニキビ対策に役立ちます。効果が期待できるのは軽い炎症を起こしている状態の赤ニキビで、この炎症を鎮める働きをします。ただし、化粧品に含まれる濃度のグリチルリチン酸ジカリウムでは、化膿した黄色ニキビや紫ニキビなど重度のニキビには対応しきれません。ニキビが悪化した場合は早めに皮膚科を受診しましょう。

 

肌のトラブルを改善する

 

炎症などで肌のバリア機能が低下している場合は、ニキビなどのトラブルが起こりやすくなります。グリチルリチン酸ジカリウムはニキビ以外の肌の炎症も鎮めるので、肌を健やかに保つことができます。

 

ただし、グリチルリチン酸は美肌成分ではなく、あくまでも炎症を抑える対処療法的な成分なので、炎症を抑えた後は、肌そのものに働きかけるような成分を使ったケアを忘れないようにしましょう。また、抗アレルギー作用により、軽度であればアレルギー性の肌トラブルの軽減も期待できます。すべてのアレルギーに対して効果があるわけではありません。

 

副作用について

 

ステロイド剤には副作用が強そうというイメージがあるので、ステロイドに似ている成分というとちょっと心配になってしまうでしょう。気になる副作用についてまとめました。

 

グリチルリチン酸ジカリウム配合の化粧品を使う場合

 

化粧品に配合されているグリチルリチン酸ジカリウムに関しては、副作用を心配する必要はほとんどありません。化粧品に使用できる最大濃度は0.5%以下と定められているため、副作用を心配するような高濃度の商品は販売されていないからです。

 

ただし、グリチルリチン酸ジカリウムに限らずすべての成分に対して言えることですが、肌に合わない場合は使用を中止しましょう。

 

グリチルリチン酸ジカリウムを医薬品として服用する場合

 

グリチルリチン酸やそれを含む甘草は、多くの量を長期間にわたって体内に入れると、副作用が起こる可能性がある成分です。副作用の報告が多いのは、1日当たり500mgのグリチルリチン酸を1ヶ月以上にわたって摂取した場合とされていますが、実際にはその半量程度でも副作用が出たという報告があります。

 

副作用としては、電解質代謝や神経・筋肉の異常が考えられ、具体的には以下の症状が挙げられます。

 

  • 低カリウム血症
  • 血圧上昇
  • ナトリウムや体液の貯留
  • 浮腫
  • 脱力感
  • けいれん
  • 麻痺

 

これらの症状は、「アルドステロン症」の特徴です。通常は副腎から分泌されるアルドステロンの過剰分泌によって起こりますが、副腎から出される血中のアルドステロンが増えていなくても、グリチルリチン酸の影響により同じような症状が出ることがあり、これを「偽アルドステロン症」と呼びます。

 

アルドステロンには塩分と水分の体外への放出を押さえ、カリウムを排出させる働きがありますが、偽アルドステロン症になるとこれらの働きが強く出すぎて、先に挙げたような症状が副作用として出る場合があります。

 

おすすめの洗顔や化粧品

 

グリチルリチン酸ジカリウムは多くの製品に配合されています。ここでは、なかでも特にニキビケアに重点を置いている製品を3つピックアップしてみました。

 

ORBISクリアシリーズ

 

ORBISのニキビ対策に特化したクリアシリーズは、洗顔料「薬用クリアウォッシュ」、化粧水「薬用クリアローション」、保湿液「薬用クリアモイスチャー」のラインナップ。いずれも医薬部外品で、肌のバリア機能をアップさせる紫根エキス、有効成分グリチルリチン酸ジカリウムを含む甘草エキスが配合されています。

 

乾燥しているのにベタつくオイリースキン肌向けの100%オイルカット、浸透型コラーゲン配合の高保湿処方で乾燥やストレスから素肌を守り、バリア機能の低下により生じる大人ニキビの改善に効果を発揮します。

 

Non.A

 

薬用ニキビ専用洗顔石鹸Non.A。グリチルリチン酸ジカリウムを含む甘草エキスを、消炎成分として配合しています。さらに保湿成分として、ローヤルゼリーゼリーエキスやヒアルロン酸、スクワラン、余分な皮脂の分泌を抑える目的でダイズエキスを使用。

 

ニキビケア洗顔料に多く入っているピーリング成分を一切含まず、通常の石鹸の4倍弾力のある泡で優しく毛穴の奥まで洗い上げます。香料や着色料、鉱物油など肌の刺激になるものは一切使っていません。

 

ハトムギ化粧水

 

ニキビケア商品としてファンの多いnaturieハトムギ化粧水。600円程の価格で500ml入りの大容量のため、ジャブジャブ使える化粧水としても有名な商品です。

 

天然植物由来の成分であるハトムギエキスが肌に潤いを与えながら、グリチルリチン酸2Kが肌の炎症を鎮めます。香料・着色量など、保湿に関係ない成分は極力カット。低刺激で肌に優しい配合なのもうれしいポイントです。

 

 

長期間、多量に摂取すると重い副作用が出ることもあるグリチルリチン酸ジカリウムですが、適量を正しく使えば抗炎症作用で素肌を健康な状態に戻してくれるうれしい効果があります。炎症が静まった後は、洗顔料のファーストクラッシュでニキビのできにくい肌を目指しましょう。

 

※商品の内容および金額はすべて執筆時のものです。