グリコール酸の効果や副作用とおすすめ洗顔、化粧品

グリコール酸はAHAやフルーツ酸とも呼ばれるアルファヒドロキシ酸の一種で、サルチル酸のようにケミカルピーリングに使われる成分の一つとしても有名です。いずれも、ニキビ予防に効果を発揮する成分として知られています。

 

とても水に溶けやすい性質で濃度を変えることも簡単にできるため、ピーリング剤の他にも様々なスキンケア商品に配合されています。しかし、使用には注意が必要な点もあります。

 

グリコール酸の効果や副作用まとめ

 

グリコール酸は、自然界ではサトウキビやタマネギなどの植物にも含まれる成分です。植物由来と聞くと肌に優しそうというイメージがありますが、グリコール酸の濃度の高いものは劇物指定になるなど、注意しなければならない一面も持っています。効果や効能、そして副作用を理解して、正しく活用しましょう。

 

効果や効能

高濃度のグリコール酸は皮膚科で行われるケミカルピーリングに、低濃度のものは家庭用のスキンケア用品に使用されています。グリコール酸は、私たちの肌にどのように働きかけ、どういった効果・効能を発揮するのでしょうか。

 

強い浸透力で肌に作用する

数あるアルファヒドロキシ酸の中でも、グリコール酸がケミカルピーリングによく使われる理由は、その浸透力の高さにあります。ケミカルピーリングは、肌表面にある角質層を薬剤ではがすことによりターンオーバーを促す施術なので、分子が小さく角質層へ浸透する力や働きかける力が強いグリコール酸は、うってつけの成分といえます。

 

古くなった角質を除去し、柔らかい健康な肌をつくる

角質層に浸透したグリコール酸は、肌の細胞同士が結びつく力を弱める働きをします。これにより、古い角質が剥がれて除去しやすい状態になるため、肌が生まれ変わる周期(ターンオーバー)を早めることができます。また、余分な古い角質がそぎ落とされ、角質層が薄くなれば、肌が柔らかく感じられるでしょう。

 

そして、この角質除去効果はニキビ予防にも効果があります。それは、ニキビの原因の一つに、角化異常と貯留角化というものが挙げられるからです。角化異常とは、ターンオーバーは行われているものの、毛穴周辺の角質が皮脂によって固められてしまい、剥がれ落ちることができずにどんどん分厚くなる症状です。

 

また、貯留角化は、ターンオーバーが正常に行なわれなくなり、角質層が分厚くなります。こうした角質が毛穴をふさいでしまうと、アクネ菌の恰好の繁殖場所となってニキビができやすくなります。グリコール酸の作用によって余分な角質がなくなれば、角質による毛穴詰まりの問題が解決できます。さらに、ニキビへの殺菌効果があることもわかっています。

 

コラーゲンなどを増やし、ハリのある肌へ導く

肌表面の角質が除去されると、細胞から情報伝達をするタンパク質であるサイトカインが分泌されます。このサイトカインの働きにより、新陳代謝が活発になったり、コラーゲンやエラスチン、グリコサミニグリカンの生成が増えたりといった効果が期待できます。

 

コラーゲンなどが増えて真皮層が厚くなれば、肌にハリが生まれて小ジワなどを改善できるほか、ニキビ跡が目立ちづらくなります。

 

副作用について

グリコール酸はPH調整を行わない原料の状態では、極めて強い酸性の物質です。そのまま使用すると腐食作用により皮膚組織や眼に重い損傷を与えることが動物実験で立証され、2016年に劇物に指定されました。ただし、グリコール酸の含有量が3.6%以下のものは、劇物とはされていません。

 

ケミカルピーリングなど高濃度での副作用

皮膚科などで行われているケミカルピーリングでは、20%〜80%の濃度、PH2.0程度のグリコール酸が使用されます。もちろん安全性は考えられていますが、人によっては次のような副作用がみられることがあります。

 

  • 赤み、水ぶくれ、湿疹、かさぶたなどの皮膚の炎症
  • 色素沈着
  • 単純ヘルペスの誘発
  • 一時的なニキビの悪化

 

これらの反応の多くは一過性のもので、時間の経過とともに良くなっていきます。しかし色素沈着については、日焼けや乾燥により元に戻りづらくなる場合もあるので注意が必要です。

 

化粧品など低濃度での副作用

一般的に売られているグリコール酸配合の化粧品は、濃度が3.6%以下でPH3.0〜7.0のものがほとんどです。どんな成分であっても人によっては肌に合わない場合がありますが、それ以外の副作用を気にする必要はありません。

 

しかし、2016年以前に販売されていた商品の中には、3.6%を越える濃度のものがありましたし、海外製品の個人輸入などの形で高濃度の商品が売られている可能性もあります。このような濃度の高い製品には、ケミカルピーリングの施術時と同じような副作用のリスクが考えられます。

 

おすすめの洗顔や化粧品

かつてはグリコール酸をメインに配合し、ピーリング効果を前面に押し出した洗顔料や化粧品が普通に販売されていましたが、2016年の劇物指定以降は、高配合をうたった商品の多くは販売終了、もしくは仕様変更を余儀なくされました。

 

2017年11月現在、グリコール酸配合の化粧品は、他のフルーツ酸やサルチル酸を一緒に含んだ形で販売されているものが多いです。それらの中から、ニキビケアにおすすめの商品をいくつかピックアップします。

 

プロアクティブ+ 薬用洗顔料・薬用化粧水

ザ・プロアクティブカンパニーが販売する、CMでもお馴染みのプロアクティブでは、「洗顔料」と「化粧水」にグリコール酸が配合されています。

 

薬用洗顔料

グリコール酸、サルチル酸が両方配合された洗顔料です。ソフトスクラブで古い角質や皮脂を洗い流しながら殺菌、保湿します。

 

薬用化粧水

グリコール酸により古い角質を取り除き、ターンオーバーを促進。ルリチルリチン酸や保湿成分の働きで水分と油分のバランスを整え、ニキビを防ぐ化粧水です。

 

スキンピールバー・ティートゥリー

サンソリットが販売するスキンピールバー・ティートゥリーは、洗顔するだけでピーリング効果が得られる、グリコール酸が2.0%配合された石けんです。抗菌作用や抗炎症作用で知られるティートゥリーオイルも配合されており、ニキビケアにも効果を発揮します。

 

モコモコの泡を顔にのせて2〜3分放置する「泡パック」を行うと、つるつる美肌が目指せます。

 

AHAクリアソープ

ドクターサニーのAHAクリアソープは、グリコール酸をはじめとするフルーツ酸を5%配合。顔だけでなく背中のニキビケア対策にも活用できる石けんです。オレンジやレモン、ナツメ、グレープフルーツなど色々なフルーツの果実エキスも含まれていて、優しい洗い心地が特徴です。

 

メンソレータムアクネス 薬用モイスチャー化粧水

ドラックストアでもよく見かけるロート製薬メンソレータムの「アクネ菌とたたかうアクネシリーズ」モイスチャー化粧水にも、乳酸とともにグリコール酸が入っています。ニキビを防ぐメインの成分とはなっていませんが、肌を整える成分の一つとして配合されています。

 

まとめ

ファーストクラッシュの有効成分サルチル酸は、角質層に直接作用して角質を薄くする性質を持っていますが、同じような用途で使われるグリコール酸には、角質層に浸透して古い角質をはがしやすくする性質があります。

 

真皮層のコラーゲンなどの生成を促し、ニキビ跡の改善にも効果が期待できるのが利点です。しかし高濃度のグリコール酸の場合、肌にダメージを与える可能性が否定できません。ケミカルピーリングを受ける際は細心の注意を払いましょう。