ビタミンC誘導体の効果や副作用とおすすめ洗顔、化粧品

シミ・そばかすのケアや、美白化粧品などの話題でしばしば出てくるビタミンC誘導体という名前を聞いたことはありますか?聞いたことはあっても、その効果や副作用について知っている人はあまり多くないかもしれません。

 

ここでは、ビタミンC誘導体が配合された化粧品や洗顔料について紹介していきます。

 

ビタミンC誘導体配合の効果や副作用まとめ

 

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌に浸透しやすく改良したもののことです。ビタミンCは肌に浸透しづらい性質をしているため、そのまま化粧品などに配合しても美肌効果を得られません。しかし、ビタミンC誘導体にすることで、ビタミンCのもつ美肌効果を化粧品に生かすことができます。

 

ビタミンC誘導体が配合された化粧品は数多く存在しています。また、化粧品ほど種類豊富ではないものの、洗顔料にもビタミンC誘導体が配合されているものがあります。

 

これはファーストクラッシュには配合されていない成分ですが、ビタミンC誘導体が配合されている化粧品や洗顔料にはどのような効果・副作用があるのでしょうか。

 

効果や効能

ビタミンC誘導体が配合された化粧品・洗顔料には、さまざまな美肌効果が期待できます。まずニキビケアという点で言うと、皮脂の分泌を抑制するというニキビ予防効果があります。過剰な皮脂の分泌が正常になれば、毛穴のつまりやアクネ菌の繁殖を防げるため、ニキビができにくい肌になります。

 

また「抗酸化作用」もあり、炎症の元になっている「活性酸素」というものを除去してくれます。活性酸素とは、酸化した皮脂・アクネ菌がおこさせているもので、この活性酸素がニキビの炎症の元になっています。

 

さらには、ビタミンCには炎症を抑えるはたらき「抗炎症作用」もあるため、炎症しているニキビに対しても効果を発揮します。

 

ニキビケアの他にも、ビタミンC誘導体にはメラニン色素の生成を抑制する効果があり、シミの予防に大きな力を発揮します。ただし、すでにできてしまっているシミを薄くするような効果はありません。

 

そして、コラーゲンの合成を促す効果があるというのも美肌には重要です。コラーゲンとはタンパク質の一種で、そのはたらきには様々なものがあります。美肌という観点から言えば、肌の弾力やハリをつくっているのがコラーゲンです。

 

つまり、ビタミンC誘導体のはたらきによってコラーゲンの合成が活発になると、しわやたるみが減り、弾力のある肌を手にいれることができます。

 

副作用について

美肌の強い味方であるビタミンC誘導体ですが、これが配合された化粧品・洗顔料を使って副作用が出ることはあるのでしょうか。

 

ビタミンC誘導体が引き起こす副作用としては、肌へのピリピリとした刺激があります。誰でも起こるというわけではありませんし、ビタミンC誘導体配合の全てのもので起こるというわけではありません。品質が悪い化粧品・洗顔料や、ビタミンC誘導体が高濃度で配合されているものでよく起こる副作用です。

 

肌が元々弱い人もこの副作用を感じやすいでしょう。また、今ニキビが炎症を起こしているという人にとっては、この刺激は炎症部分へ痛みとなって現れるかもしれません。そのため、ニキビができている人や敏感肌の人がビタミンC誘導体配合のものを使う場合は、低濃度で高品質なものを使うことをおすすめします。

 

おすすめの洗顔や化粧品

効果や副作用をふまえて、ビタミンC誘導体が配合された洗顔料や化粧品をいくつか紹介します。化粧水ならファーストクラッシュなどのニキビケア用品と、併用して使ってみるのもいいでしょう。

 

シーボディ VCシリーズ

シーボディのVCシリーズは、ニキビケアのためのビタミンC誘導体配合の化粧品です。化粧水・薬用美容液・クリームという基礎化粧品の他に、泡フォーマーという薬用洗顔料や、薬用ボディミストといったボディのニキビ用ケア用品もあります。

 

あらゆるニキビに悩む人に、シーボディのVCシリーズは強い味方です。顔用のニキビケア用品はすでに持っているという人でも、ボディ用にボディミストを使ってみるのもおすすめです。

 

シーボディのVCシリーズは使うものによっては、思春期ニキビに高い効果を発揮します。「脂性肌ケアセット」というのがそれに当たるので、思春期ニキビに悩んでいる人は試してみるといいでしょう。もちろん、大人ニキビに悩んでいる人向けのセットもあります。

 

プリモディーネ VCローション

高浸透ビタミンC誘導体が配合されたプリモディーネのVCローションは、シミ対策のほかにニキビケアにも効果があることが押し出されている化粧水です。ニキビにもシミにも悩んでいる人には、最適な化粧水でしょう。

 

プリモディーネのVCローションに含まれているビタミンC誘導体は、進化した最新のビタミンC誘導体なので、従来のものよりもずっと肌に浸透しやすくなっています。無添加だというのも、肌が弱い人には嬉しいですね。

 

エトヴォス アクネVCローション

エトヴォスのアクネVCローションは、ニキビケアをしながら美白効果も得られる化粧水です。即効性・持続性の高いタイプのビタミンC誘導体が配合されています。

 

さらにシリコンやパラベン、界面活性剤など肌に刺激のある成分は使用されていないため、ニキビで敏感になっている肌にも優しいので安心して使えます。

 

素肌しずく ビタミンC化粧水

ビタミンC誘導体が配合された化粧水の中では比較的手を出しやすい価格で、詰め替え用もある素肌しずくのビタミンC化粧水は、コストパフォーマンスを求める人におすすめです。

 

保湿型・浸透型という2種類のビタミンC誘導体が含まれている他、12種類の美肌成分も含まれているため、ニキビだけではなくトータルで肌のお手入れをしたいという人に向いています。また、コラーゲンも含まれているので、肌にハリとうるおいをもたらします。

 

まとめ

多くの化粧品に含まれているビタミンC誘導体ですが、美白という側面が強調されがちなため、ニキビケアにも効果があるというのを知らなかった人もいるでしょう。

 

なかにはニキビケア向けに作られた商品もありますから、ニキビケアも美白もしたいという人はぜひ試してみてください。

 

ただし、ビタミンC誘導体の副作用によるピリピリ感がある場合はすぐに使用を中止し、ビタミンC誘導体が配合されていないものを探しましょう。