アクネ菌とニキビにはどんな関係があるの?

多くの人が悩む肌トラブルの一つにニキビがあります。
度々ニキビが出来てしまう人は、何でニキビが出来てしまうのだろうと、ため息が出てしまうことでしょう。

 

最近は、スキンケア商品も充実していて、ファーストクラッシュのように洗顔と保湿、
さらにはトリートメントの効果がある洗顔料まであります。

 

ニキビに悩まされている人は、ファーストクラッシュのようなニキビ予防に高い効果が期待出来る洗顔料を使用して、
しっかりとニキビの悪化を防いだり、ニキビ予防を行ってほしいと思います。

 

ニキビケアを行っていく上で、ニキビに関する正しい知識を持っておくことも重要です。
正しい知識がないために、間違ったニキビケアをしてしまうということはよくあることなのです。

 

ニキビが出来てしまう理由を語る際に必ず登場してくるのがアクネ菌です。
ニキビで困っている人ならアクネ菌という名前は聞いたことがあるという人が多いと思います。
しかし、アクネ菌とニキビにはどんな関係があるのかしっかりと理解している人はあまりいないのではないかと思います。

 

アクネ菌がニキビの原因菌であることは知っている人も多いと思いますが、
ニキビが出来る人にだけアクネ菌がいるわけではありません。
アクネ菌は人間全ての体内にも住んでいる常在菌と呼ばれる細菌なのです。

 

常在菌は善玉菌と悪玉菌があり、善玉のアクネ菌はニキビの原因にならないどころか、
病原菌の繁殖を防ぐなど、身体を守ってくれるのです。

 

アクネ菌を体内から完全になくすということは不可能ですし、
適度な数のアクネ菌は体内を守るためにも必要なものなのです。

 

大切なのは必要以上にアクネ菌が繁殖してしまわないことです。
アクネ菌は酸素が苦手で、皮脂が大好きという特徴があります。
つまり、皮脂が多くて酸素が届かないところでは、アクネ菌の格好の住処となり、繁殖してしまいます。

 

毛穴の奥には脂腺があるので、余分な皮脂や古い角質などで詰まってしまうと、
アクネ菌の住処が出来てしまい、アクネ菌が繁殖してしまうのです。
そして、その結果ニキビが出来てしまうのです。

 

このようなアクネ菌とニキビの関係を知っておくと、
毛穴を皮脂や古い角質で詰まらせた状態をつくらないということがニキビケアには非常に大切であることがわかると思います。
そして、洗顔でしっかりとケアしていくことが重要であるかも理解することが出来ると思います。

 

皆さんには、そのことをしっかりと理解してニキビケアに励んでほしいなと思います。